肩甲骨ダイエットとは

たくさんの人が、肩甲骨ダイエットで痩せようとしているようです。ストレッチで肩甲骨の周囲をよく動かして痩せることを、肩甲骨ダイエットと呼んでいます。褐色脂肪細胞という、脂肪を燃えやすくする細胞を刺激することが、肩甲骨を用いたダイエットのポイントです。朝と晩にそれぞれ2回のストレッチをすることで、脂肪が燃焼しやすい体になるといいます。

 

体内の脂肪を効率的に燃焼させるには、肩甲骨の褐色脂肪細胞が役立ちます。褐色脂肪細胞は体にはさほど多くありませんが、多く食べすぎた時のカロリー消費に役立ちます。肩甲骨を積極的に動かすことによって、褐色脂肪細胞の働きが活発になり、脂肪が燃焼しやすくなります。リンパ腺の働きを、肩甲骨の運動で活発にすることで、むくみやセルライトの蓄積を防ぐことができるようです。褐色脂肪細胞を刺激し、ダイエットに役立てるには、1日5分の運動を習慣づけるようにするといいでしょう。

 

一回30秒のストレッチ運動を、朝と晩の1日2回続けることによって、ダイエット効果が徐々に出てくるといいます。息を吸うタイミング、吐くタイミングを指示どおりに行い、呼吸を止めないように気をつけて運動をします。鏡に自分の姿を映しながらストレッチをすることで、姿勢のチェックができます。肩甲骨のストレッチは難しいことはなく、簡単にできますので、ダイエットに効果的です。